2010年07月06日

ファッション業界の知的財産権

1892年に米国で創刊された『ヴォーグ』は現れては消えていった数多くのファッション雑誌の中で最も古く、最も成功的なものである。第二次世界大戦終結後の経済的繁栄、そして何よりも1960年代の格安カラー印刷の出現とヴォーグ誌は、爆発的な部数を増やし、また、主流の女性誌でのファッションを大きく取り上げるれた。 1990年代には、男性の雑誌もこれに続いた。オートクチュールのデザイナーはプレタポルテや香水を扱い始めて、この流れに乗って、この雑誌に大々的に宣伝され、現在は本来のファッションビジネスを矮小化する結果がある。 TVは、1950年代のファッションの小特集が組まれるようになった。 1960-70年代には、様々な娯楽番組で、ファッションのコーナーが頻繁に流され、1980年代にはファッションTV(英語)など、ファッション専門のプログラムも登場した。 TVと最近のファッションなど、インターネットを介して公開の拡大をものともせず、ファッション産業の視点からの出版物による発表は、最も重要な広告形態を続けている。 2006年のファッション写真ファッション編集者Sのシャロン・マクレランはそう言った - "ファッションは、TV雑誌のブログが消費者に何を着るかを指示するものとの誤解がありますが、ほとんどのトレンドは、ターゲット層を調査してリリースされています。従って、あなたが媒体で見ることができるのは人々の間で人気のあるアイデアを調査した結果です。本質的に、ファッションというのは、人々の考えをキャッチボールする営みです、他の芸術形式もすべて同じように" 知的財産権ファッション業界では、映画産業(英語)、および音楽産業(英語)のような知的財産権は、施行されていない。他の人のデザインから「インスパイヤされる」という営みは、ファッション業界は、この衣服の流行を作り出す能力に貢献している。新しい流行を作り出すための消費者に服を買うように誘惑は、これらの産業の成功の鍵となる要素である。流行を作り出す過程を妨げる知的財産権の観点から非生産的なことになる。その一方で、新しいアイデアやユニークなデザイン、デザインのディテールなど、大企業の露骨な盗用することは多数の小規模な独立系のデザイン会社を破綻させている原因であり、しばしば議論されている。 2005年の世界知的所有権機関(WIPO)は、協議会を開き、中小企業を保護し、織物衣服産業における競争を促進するためのファッション業界の知的財産権のより厳格な施行を追求した。
posted by sayaka92283 at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。