2010年06月28日

モッズやヒッピー、パンク、渋カジなどストリート

ストリートファッション(英語:street fashion)は、ファッションデザイナーや企業主導ではなく、地域で遊び、青少年の中で自然発生的に生まれたファッションのこと。 ストリートファッション(street fashion)は、ファッションデザイナーやアパレル企業がつくり出すファッションではなく、各時代の社会や文化を背景に、街に集まった若者たちが実際に支持を発信するファッションの事。 (『ストリートファッション1945-1995』アクロス編集部・パルコ出版) 時代の音楽やサブカルチャーの動向などと関連が深い。 1990年代以降、特にその影響力が強く、このようなファッションデザイナーのコレクションのテーマに対処することをしばしば見ることができます。 モッズやヒッピー、パンク、渋谷系の渋カジなどが代表的である。ストリートスタイル、ストリートカジュアルなどとも呼ばれている。 モード系(モードケイ)は、次のような服装、髪型の総称。対称性の概念はコンサバファション。 最新のコレクションに出ている、ブランドに固定された衣服をいう。 本来はこちらの意味。モード(MODE)は、フランスで流行のファッションを意味し、英語のファッション(FASHION)である。転換して、コレクション内の最後の表現方法を指す。これに対し、市場のファッションの流行のトレンドと売れ筋のことをトレンドとする。モードのシステムを扱っている雑誌の名前に由来し、"ハイファッション系"と呼ばれることもある。 髪型については、各国の理美容団体が、毎年、または春夏秋冬の年2回、今年のモードコレクションや流行色などのトレンドに合わせて髪型が発表される。 黒と白、モノトーンなどの決定、ごてごてしないシンプルな服装のこと。アクセサリーなどのアイテムよりも服自体のシルエットを評価する傾向がある。 80年代の山本耀司と川久保玲によるデザイナーズブランドがヒットし、上記のようなスタイルがモードを圧巻していることに由来すると考えられる。 B系(びーけい)は、ヒップホップ、R&B歌手などのアフリカンアメリカン(アフリカ系アメリカ人)の文化や服装を模した日本人。また、広義のレゲエ文化も含まれています。服装や音楽を含む文化の傾向を指す言葉。 元の"B"B - boying(ブレイクダンス)を指し、black(黒)またはbadない。日本のマスコミが間違って浸透した。大きい服や、大きなネックレスやブレスレットなどの装飾品、アーティストのPVを模した服を好む。 渋谷や原宿などの傾向の服の店で、外見で混同されやすいのアフリカ人が勤務しており、実際にはヒップホップ文化に慣れていない場合が多い。また、六本木などのディスコにもアフロアメリカンに羨望を抱いている日本の女性を狙うと、ガーナ、ギニアなどのアフリカの人々が集まって恋人を求める。
posted by sayaka92283 at 12:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。